« 「雪山飛狐」の日本語版が放送開始されていた! | トップページ | 「小袖 江戸のオートクチュール」サントリー美術館 »

2008年9月11日 (木)

「赤坂大歌舞伎」赤坂ACTシアター

200809101336000

4月に「トゥーランドット」を観た赤坂ACTシアター。
これが杮落としだったんだけど、今回の「赤坂大歌舞伎」もオープニングシリーズのひとつ。
どれくらいオープニングシリーズをしてるのかしら? 1年とかsign02

今回の舞台は「狐狸狐狸ばなし」と「棒しばり」
「狐狸狐狸ばなし」は北條秀司・作なので扱いは新作なのかしら。初演は山田五十鈴が演じたそうなので歌舞伎のために書き下ろされたものではないんですね。
勘三郎・扇雀コンビは書き下ろしのようにぴったり。
にしても、またもや亀蔵さんは笑いを取ってくれました。
彭浩翔映画における詹瑞文、ってのは褒め過ぎかしらsweat01

「棒しばり」は歌舞伎舞踊。
能というか狂言ですね、元は。太郎冠者と次郎冠者ですし、背景も松羽目。
こちらは勘太郎と七之助が太郎冠者と次郎冠者。
松羽目前に唄方、糸方、音方が並んで。音方に大変渋い方がいらしゃいました。下座で隠してしまうにはもったいないほどの。でもネットで検索したらその画像はそれほどでもないの。sweat01 もしやこの画像は古いんでしょうかsign02 ここ数年で磨きがかかった、とかsign02 あ、勘太郎ちゃんと七之助ちゃんの踊りは申し分のないものでしたわよ。 勘太郎ちゃんがずっとまん丸顔だったんだけど、最近細くなってシャープさが増した感じ。

200809101121000

で、本日は更紗の単衣に洒落袋帯。なんと言う方法なのか広めに織ったのを染めてからお湯(だったと思う)に漬けてくしゃくしゃに縮めた加工をしたものだそう。
東雲色の帯揚げに帯締めはものすごく鮮やかな瑠璃色。丸絎けなんで今回は帯留めはなし。

|

« 「雪山飛狐」の日本語版が放送開始されていた! | トップページ | 「小袖 江戸のオートクチュール」サントリー美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/23651005

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤坂大歌舞伎」赤坂ACTシアター:

« 「雪山飛狐」の日本語版が放送開始されていた! | トップページ | 「小袖 江戸のオートクチュール」サントリー美術館 »