« 倉阪鬼一郎「すきま」読了。 | トップページ | 「香港國際機場訪港常客證」 »

2008年7月 9日 (水)

栗本薫「木蓮荘綺譚」読了。


木蓮荘綺譚

伊集院大介シリーズ。
戦前からある東京の住宅地の古い家を舞台にしたミステリーsign02・・・一応ミステリーのカテゴリだとは思うのですが謎解きよりも風俗の描写や雰囲気のほうが中心。
森茉莉の旧仮名遣いの物語の世界といった趣です。

個人的にはこの頃の雰囲気などが大好きなのでミステリーとして読むには物足りなくてもお話としては面白かったですわ。
伊集院さんがおっさん化さえしないで居てくれれば。sweat01

|

« 倉阪鬼一郎「すきま」読了。 | トップページ | 「香港國際機場訪港常客證」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/22166781

この記事へのトラックバック一覧です: 栗本薫「木蓮荘綺譚」読了。:

« 倉阪鬼一郎「すきま」読了。 | トップページ | 「香港國際機場訪港常客證」 »