« 學友生日會。 | トップページ | 栗本薫「木蓮荘綺譚」読了。 »

2008年7月 9日 (水)

倉阪鬼一郎「すきま」読了。


すきま

角川ホラー文庫の新刊。
氏は今まで谷中や根津あたりを舞台にした話が多かったような気がするんだけど、このところ湘南方面に変わったんでしょうか。お住まいの場所を舞台にすることが多い、とか? 
今回も舞台は平塚、ならぬ白塚。なぜか字名の金目はそのままなんですが。金目在住の友人T夫妻、こんなことは起きてない、よね?ww

聖域修復師・八神宇鏡はなかなか面白そうなキャラなので、ぜひシリーズものにしていただきたいですわ。
ところで、今回笑ったのが「女」が「反省してるふりをすれば男なんてすぐに騙される」と言ったところ。
確かにどう見ても騙されてますよ、って男は多いもんなぁ。sweat01

|

« 學友生日會。 | トップページ | 栗本薫「木蓮荘綺譚」読了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/22166677

この記事へのトラックバック一覧です: 倉阪鬼一郎「すきま」読了。:

« 學友生日會。 | トップページ | 栗本薫「木蓮荘綺譚」読了。 »