« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月28日 (土)

栗本薫「サイロンの光と影」読了。


サイロンの光と影

グイン・サーガ第121巻。
いよいよグインがパロを離れてケイロニアに帰還。都合よく記憶が戻ったり欠落したりしてないかいsign02という説も一部にはありますがま、古代機械の関連である程度は整合性は取れてる、のではないかとワタシは思ってるんですけどね。
で、シルビアは予想通りあんなことになっちゃってるけど、ごたごたの記憶がなくなってる所為かさりげなくグインが好みのタイプなんか喋っちゃってワタシ的にはオイシイ章でしたわ。
にしてもあんなところで終わりにするなんて、一時期の月間グイン・サーガを期待してしまいますね。

あとがきにも書かれていますが栗本氏は入退院を繰り返している模様。
入院は検査や抗癌剤点滴のため、らしいので入院中も執筆なさっている由。
ご無理なさらず、でも続きを書いて下さると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

噂が噂を呼んで

明日チケット発売開始の四川大地震チャリティコンサート「ハートエイド・四川」だが、一部で噂が飛び交ってる。
香港紙、東方日報と太陽報(この2紙は出版元が同じ)に地震チャリティ日本で開催の記事が出て、その出演者の中に學友の文字があったのだよ。

ま、ネタ元が香港紙ってあたりで信憑性は低いのだが。sweat02
問題はたまに的中したりすることがあるんだよね。
で、どっちsign02

追記。
どうも今回は来ないらしい・・・。
香港側から否定コメントが出た模様。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

「ハムナプトラ3」と「言えない秘密」日本公式サイト。

Mummy3_jp

秋生哥の出演作、
「Mummy3」こと「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」
http://www.hamunaptra3.com/

「不能説的・秘密」こと「言えない秘密」
http://ienai-himitsu.com/
の公式サイト。

「ハムナプトラ3」は8月下旬、「言えない秘密」は8月中旬公開予定。
「ハムナプトラ3」の華人出演者は李連杰・楊紫瓊の次は梁洛施らしく秋生哥は名前も出てない。sweat02
予告編でも↑くらいしか映ってないし。0コンマ何秒って感じだわ。sweat01
と言うことでジャパンプレミアは来日の可能性は限りなく低いだろうなぁ。

「言えない秘密」はまだ表紙と劇場情報しかないので詳細は不明。
東京では武蔵野館単館公開になるのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

四川大地震チャリティコンサート

「四川大地震チャリティコンサート ハートエイド・四川」が開催されます。

http://www.heart-aid.com/

翁倩玉と成龍の呼びかけで開催決定だそうです。
イマのところ香港からは成龍、林憶蓮、郭富城、鄭伊健が出演決定しています。

場所が国際フォーラムで、大地震チャリティで翁倩玉で司会が福留さん、と言うと思い出されるのは台湾大地震チャリティ。 日本側の出演もJAYWALKとか南こうせつとか重なってるし。
台湾勢がまだ誰も決まってないらしいのが気になるのと、なんと言ってもただいま休暇中に付き時間はある、はずの學友。heart04 どうせ休暇中は日本に来るんだし、いかがでしょsign02
迷一同お待ちしております~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

対策として

200806151246000

モールさんの爆走が激しくなるにつれ、夕べなんかバドくんが疲れ果てて行き倒れポーズで倒れこんでるので対策を考えた。
で、本日納戸からケージの追加部分を持ってきた。
大ネコ3兄弟用にケージは3段になるものを買ったので普段は使わないけどモールさんにはそろそろ1段じゃ狭そうだし。
2階の納戸は屋根裏になっているのでむちゃくちゃ暑いsign03
夕食後、陽が沈んでからなのにすぐに汗だくですよ。
娘と二人で運んで組み立て。 最初のうちは用心していたモールさんもすぐにジャングルジム状態で上がったり下がったり。ここで運動してくれればフラストレーションもそれほどたまらない・・・よね。


画像はこの間衝動買いしたピアス。
ブルートパーズとかムーンストーンとかアクアマリンとかが丸く留められててちょっと紫陽花みたいだと思いませんsign02
残念なのはサイズがむちゃ小さい(直径5mmくらい)なことくらいかな。
・・・でも自分で作るのはとっても面倒くさそうなのでパス。ww
月曜日の彫金でキャストだからと安心しててパーツの蝋着のときに1個溶かしちゃったばかりだしね。sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

新人の爆走状態とかチケぴとか。

P1000759

新人にゃんこ・モールさんが来てまだ1ヶ月にもなっていないのに、すっかり我が物顔で走り回ってます。
最初は足元も覚束ない感じだったのに、イマや部屋の対角線をダッシュ。
なにしろ最初は朝・晩でひとつだった12ヶ月未満用猫缶を朝・晩それぞれひとつずつ平らげ、それでも足りずにケージから出ると一目散に大人にゃんこのご飯場所へ行くくらい。
高齢猫用カリカリとか11歳以上用猫缶とか食べてもいいもんなんだろうかsign02

その上、静かに昼寝したい先住にゃんこの邪魔をしに行くし。
尻尾にじゃれ付くくらいなら我慢してくれるにゃんこたちも、調子に乗ってソファの上からフライングボディプレスなんかされちゃうとすごい勢いで怒ってます。ww
どうも彼は我が家史上一番凶暴らしい。イマまでの子たちはこんなにかじったりネコキックしたりはしなかったように思うけど。画像のバドくんのむっとした顔がすべてを表してますな。


今日、チケぴで取った「香港レジェンド・シネマ・フェスティバル」のチケットを発券しに行ったんだけど。
システム変更後、非難囂々なのは聞いてたけど、ワタシ自身はそんなに不便には思ってなかったんだよね。
アクセスし難くなった、とかの経験もなかったしチケット発券はクレジットカード入れるだけで面倒な番号入れる必要もなくなったし。
だけど今日発券してて発見した。これって1枚ずつしか発券出来ないのかよsign03
前回は舞台1回分だけだったんで気がつかなかったけど、今日は複数を一度に発券しようとしたらいちいち引換券を出さなきゃいけないのよsign03
香港レジェンドだけで5枚、ほかの舞台が1枚。結局6回も同じ作業しなきゃいけなかった。
前のシステムだったら一度にいくつでも(あ、10枚までだっけ)発券できたのに。
面倒くさっsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

3週間ぶりのお稽古。

P1000752

先月は第5木曜があったので3週間ぶりのお稽古。
すっかり忘れております。ww しかもその間に師匠からtelephoneがあって譜本のカット(舞台のせる場合は時間制限の関係で途中を抜くことがよくある)位置を変更するわ、唄い分けの場所を変更するわ。
・・・みんなボロボロ。sweat01
ま、先は長いし、自前のお浚い会でなければ1曲かせいぜい2曲なので気楽さは段違いですが。

午前中は土砂降りだったのにお昼頃からは小降りになり、お稽古が終わった時にはすっかり上がって陽が射してました。雨上がりの空気が気持ちよかったわぁ。
画像は雨に洗われて気持ちよさそうな紫陽花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

「ハックルベリーにさよならを」演劇集団キャラメルボックス

Sche_tokyo

ハーフタイムシアターの2本立てのうち「ハックルベリーにさよならを」だけ観劇。
コマ劇場が年内いっぱいで閉鎖されるそうで、もしかしたら最後のシアターアップルかもしれない。
新しいビルに劇場ができて新・シアターアップルになってもイマの劇場ではないもんね。

本日は娘の誕生日だったので彼女のお祝いを兼ねてのキャラメルボックス。
親子ともどもキャラメルファンと言うよりも篠田剛ファンなので彼の出ている「ハックルベリー」だけの鑑賞。
テーマは何といいますか、そろそろ恥ずかしいようなどっかむず痒くなるような。
純粋に感動できないなんて、いつの間に擦れちゃったのかしら、ワタシ。って感じsweat01
ま、はじけっぷりを期待していた篠田さんの役がちとおとなしめだったのもあるかな。

ところで、
コマ劇場前で髭ガールのお姐さんたちがはっぴ着て箒持って数人屯していたのですが。
歌舞伎町は客引き禁止されてるのでお掃除してます、ってことなのかしらね。ww

にしても、ほんとに久しぶりに歌舞伎町へ行ったんだけどなんか場末感の漂い方が上がってますよ、ねsign02
サブナードの出入り口階段なんかきれいにお掃除はしてあるけど、終電後ここが閉まったら寝に来る人絶対いそうな異臭が漂ってたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

香港レジェンド・シネマ・フェスティバルとかDVDプレーヤーとか。

土曜日は「香港レジェンド・シネマ・フェスティバル」(長い・・・sweat01)のチケット売り出しだったんだけど、ここんとこ(主にスタッフ関係で)いろいろあって土曜日の午前中はよほどのことがない限り仕事なのよ。
お昼休み(って言っても1時半過ぎ)にアクセスしたら土曜日の一部上映を除いて問題なく買えた。 あっさり買えるのも嬉しいような悲しいような。
とりあえず「十萬火急」「審死官」「赤脚小子」「回魂夜」あたりをget。

2週間ほど前に壊れたDVDプレイヤー。やっとHDDの中身を移植し終わったので修理屋さんに持っていく。
新しいのも買っちゃったことだし、掛けても1万5千円くらいまでだよなぁ、と希望を述べて見積もりをしてもらうべく預けたのが金曜日のこと。
メーカーがTOSHIBAだったんだけど、なんとここはDVDのパーツ交換がなくて全部アッシーになるんですと!
うちに帰ってからググったら出るわ出るわ! うちのはまだ当たりのほうだったみたい。みなさん苦労してます。
その後、連絡があってやっぱり交換しなきゃいけないとのことなので修理は保留。
でもHDDはもうまんたいなのでHDDだけ使うように再度接続。
新しいDVD-HDDはデジタルBSなのでコピーワンスなんだよね。念のためにアナログBSも撮れるようにしておこうかな、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

田中啓文「ハナシがはずむ!」読了。


ハナシがはずむ!

笑酔亭梅駆(しょうすいてい ばいく)こと竜二が主人公の落語ネタ謎解きシリーズ第3弾。
短編はすべて落語の題名。 その落語の内容とシンクロした話を展開しつつ謎解きも加わっていると言う2重3重入れ子構造のお話。
上方落語には詳しくはないものの、なんとなくモデルが想像出来るような個性的な面々がレギュラーで出ております。梅駆こと竜二は黄色モヒカンが売りの前座の噺家なのでこの表紙よりも派手かも。ww

ところで、監修の月亭八天師匠と田中さんはこのシリーズに連動した「ハナシをノベル」と称する落語会を主催なさっているのですが、これが作家が書いたもの(つまりノベル)を落語仕立てで上演すると言うイベント。
作者と噺家さんのトークがあったりして、とても心惹かれるイベントなのですがなにしろ場所が大阪。なかなか行けません。
今回は来週(6月13日)だそうで森奈津子さまの作品が高座に上がる予定。
あぁ、時間があれば行きたいのは山々なのですが、最近土曜日に仕事が入っちゃって、しかも土曜日に限って滅多な事では休めない。 どう考えても金曜の夜に大阪に居て仕事開始までに帰ってくるのは無理。(号泣)
そう言えば、開催場所の大阪中央公会堂は建築学的に見て大変面白い建造物だそうで。ここも一度ナマで見てみたいんだけどねぇ。

詳細は田中啓文さんの「田中啓文のふえたこワールド」
http://www004.upp.so-net.ne.jp/fuetako/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

入梅~

昨日の彫金に行くときもまだ雨は降っていないものの今にも降りそうな空模様だったし(結局お昼前から降ってきた)、そろそろかねぇ、と言ってたら「関東地方も梅雨に入ったと思われる」と発表がありましたな。
にしても「と思われる」ってのはなによ。何年か前に始まったこの「梅雨に入ったと思われる」と「梅雨が明けたと思われる」、確かに後出しじゃんけんみたいに入梅してしばらくしてから「実はもう入ってました」とかすっかり夏空になってしばらくしてから「実は明けてました」とか言ってたけど。なんかすっきりしない物言い。

で、梅雨になるとスカパーが困ります。
がんがん受信できません状態が続くわけです。特番なんかほんと困ります。
で、まだ放送予定は決まってないのかね?>地震チャリティですっ飛ばした分。

そんな中、昨日の彫金はすでに夏に向けてのリング作り開始。ってか単に青系の石が余ってたんでそれで作ろうと思っただけで。ネプチューントパーズとかって書いてあったんだけど、それって勝手につけた名前?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

演藝界512關愛行動

U2398p28t3d2044591f326dt20080601215
スカパー782ch TVB大富では第1部しか放送予定がなかったのですがそのまま放送するんじゃないかと期待。
ちょうど家にいたので点けっ放しでながら視聴。
なのに普段は放送時間伸びたりするのに今日に限ってきっちり6時半(現地時間5時半)で放送終了。
7時(現地6時)までの30分と第2部の8時(現地7時)からの分はいつ放送してくれるんでしょうかねsign02
しかも噂通り學友は7時半ころ登場した模様。annoy
その後に哈林も登場した模様。

改めて放送を期待しますわ>TVB大富。
これから問い合わせmailしなくちゃ、だわ。

23時38分 追記。
いろんな噂があったけど、學友は阿妹とデュエットしたんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »