« 絶賛よれよれ中 | トップページ | 「王妃の紋章」(滿城盡帶黄金甲)試写会。余計なイベント付き »

2008年4月 8日 (火)

山田正紀「私を猫とよばないで」読了


私を猫とよばないで

山田正紀には珍しい短編集。
雑誌連載を加筆して出版したもの、とか。
ミステリーっぽい味付けのものはあるものの都会派の小品、といった趣の短編です。

全体的に女の人がメインの話が多し。
「消えた花嫁」とか「恋の筑前煮」とか。一読するとほのぼのした雰囲気なのによ~く考えると男の人が可哀想な気が。

バリバリのハードSFを書いてきた頃に比べるといくつも大波を乗り越えて人間が練れてきた、って感じですか?
いや、私が言うのもおこがましいですが。
読者もある程度の大人を設定してるんだろうなぁ。

|

« 絶賛よれよれ中 | トップページ | 「王妃の紋章」(滿城盡帶黄金甲)試写会。余計なイベント付き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/20022623

この記事へのトラックバック一覧です: 山田正紀「私を猫とよばないで」読了:

« 絶賛よれよれ中 | トップページ | 「王妃の紋章」(滿城盡帶黄金甲)試写会。余計なイベント付き »