« 帰りました | トップページ | 備忘録代わりに »

2008年1月31日 (木)

倉阪鬼一郎「留美のために」 読了


留美のために

このところ読書量が激減。
この本も休み休み読んでいたのでちょっと緊迫感が足りなかったような。
構成が「劇中劇」ならぬ「小説中に小説」の二重構成。
現実世界は大学のサークル、そのメンバーのひとりが書いた小説は思いっきりファンタジー。
ファンタジー好きとしては作中の小説が割りとお気に入りです。恥ずかしくなるほど思いっきりファンタジーですが。
ま、大学生が書く小説なる設定に合わせてそんな風にしたんでしょうけど。

個人的にはアヤシイ過去がありそうな店のマスターが一番の気になるキャラなんですけど。
なにしろオヤジ好き。(笑)

このところ、倉阪鬼一郎氏は立て続けに新作が出ていて買ったは良いけどまだ読んでいない山に後2冊ほどあり。
時間がないとライトノベルとか軽い読みやすいものを先に選んじゃう傾向はどうしてもあって。
じっくり読みたいものはどんどん先延ばしになっちゃうのよね。

画像クリックで楽天ブックスに飛びます。

|

« 帰りました | トップページ | 備忘録代わりに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/10163426

この記事へのトラックバック一覧です: 倉阪鬼一郎「留美のために」 読了:

« 帰りました | トップページ | 備忘録代わりに »