2017年7月14日 (金)

「魔都夜曲」 シアターコクーン

Mato0713

 久しぶりのコクーン。
今回は物語と舞台の場所に惹かれたので役者さんは名前は知っていても(と言っても聞いたことある?くらい)ほとんどの方が初めて。
 開演15分ほど前からバンドが演奏始めて、歌手役の秋夢乃さんが北京語で2曲ほど。凄く聞き取りやすい発音で歌も巧いなぁと思ったら中国戯劇学院音楽科出身だそうで。そうすると今度は訛りのないきれいな発音の日本語に驚き。
 で、サミー役のコング桑田さんと開演前の緒注意。
座席から身を乗り出すな、ってこんなに何度も念を押すように言われるのはいつからだったかしら?

 そのままクラブのシーンから舞台の幕開け。
冒頭、バンドが演奏始めるときにピアノがノードステージでこの時代設定にそれはないだろうsign02と思ったら幕が開けたらバンドは下手奥に、その前にクラブのピアノとして古そうなアップライトが入って一安心。

 あんな大使館からお目付け役が付くほどのお坊ちゃまなのにやたらと身分をばらされる(ってかみんな知ってる)とか、知り合うきっかけが無鉄砲すぎ、とかいろいろ突っ込みどころはあるけどテンポのいい場面転換で流れるように進むお話。
 男装の麗人・川島芳子に宝塚出身の壮一帆。さすがのはまり役。
コメディリリーフの春風ひとみさん中国語のぼやきとか巧い。ただパンフレットの配役に「太々」と言うのはやめて欲しかったなぁ。たしか中文にはこの字はないはず。きちんと「太太」にしてくださいな。

 音楽劇と銘打つだけあって、ほとんどのメンバーが歌うんだけどみんな巧い。
唯一残念だったのは李香蘭が子供っぽすぎるのとスターのオーラが全くなかったこと。

ストーリー的に予想された展開に行くのに、ラストが大どんでんに継ぐどんでん返しsign01
なかなか楽しめた3時間弱でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

「 映画『湾生回家』DVD発売記念トークイベント」 紀伊國屋書店新宿本店

170706

 「湾生回家」の出演者の竹中信子さんと「台湾万歳」の監督・酒井充子さんと「湾生回家」のプロデューサーの人と司会が配給会社の人。

 聴衆が少なかったせいもあるのか、盛り上がりがイマイチ。
それぞれが話すだけで、対談としての盛り上がりもなし。
ちょっと残念なイベントだったな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

「ターンレフト・ターンライト特別上映会」 渋谷uplink

170703

 ちょっとご縁があって人生初(のはず)カンボジア映画。
主演のカニータさんは今回が映画初主演。元々はアーティストで映画はパフォーマンスの一環なのかな?
で、彼女の生活や遺跡で踊る姿が流されるんだけど、チャプター1とかチャプター2とかわりと細かく分かれた編集。

カンボジアの庶民やセレブの生活水準などがわからないので、映し出されている場所はプノンペンのどの辺のレベルなんだろう…?とか思いながら観てた。

音楽が昔のキッチュなロック。70年代あたりのその頃売れてたバンドの曲、らしい。
で、DVDで踊る女優(著名な女優さんらしい)。
音だけ聴いてると70年代か80年代が舞台?とか思うけど、湖の漁師小屋みたいなところでノートパソコン使ってるし。高床式の下が透けて見える竹の床で寝転がって見てるノーパソ。ものすごくシュールな光景。

で、なんか風景とかちょっと違和感があるなぁ、と思ってたら監督はアメリカ生まれの韓国人(国籍はどこか聞いてないので韓国系アメリカ人かも)。
なんとなく、カンボジア人が観たら、ブラックレインのリドリー・スコットの大阪とか夢の果てまでもでヴィム・ヴェンダースが撮った東京とか、そんな日本なんだけど日本じゃない風景と同じような印象を持ったのかなぁ?と感じた。

映画の内容的には…
終演後のトークとQ&Aで「最後のシーンで○は○なのか? あのシーンの意味は?」って質問が出ちゃうくらい…w
それ聴くことかsign02と内心で突っ込みいれまくりw

ちなみに上映開始が10分ほど遅れ、トークは予定より20分ほど遅れて始まったけど、終わったのは終了予定の1時間後くらいw
客席も国際色豊かで、日本在住らしきカンボジア人の姿も。
あと、スカッド監督の「ボヤージュ」の手記を書いてる主人公(?)の男の子に良く似た感じの人とか、すぐ近くにイケメン白人とか。

最終的な感想は他の監督作品のカンボジア映画を観てみたい、でしたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

「- Good to be Back – Dick Lee Japan Concert 2017」 Motion Blue Yokohama

170702

 公式には22年ぶりsign03となるディック・リーのライブ。
私は2ndのライブだったんだけど、6時ちょっと前に受付したら「1stがついさっき終わったばかりなので開始がちょっと遅れるかもしれません」…1st開始は4時半。と言うことは1時間半くらいしてくれるのsign02と最初から期待大sign01

今回は完全ピアノ弾き語りソロ。
全部ピアノだけsign01 
これがモーションブルーの雰囲気にあってて凄くよかったsign03

-------------以下、セットリスト-----------

1. Life story
2. The Mad Chinaman
3. Asian Major
4. Wo Wo Ni Ni (我我你你)~Mustapha~Rasa Sayang メドレー
5.Sukiyaki (上を向いて歩こう)
6. The Legend Of Nagraland
7.
8. ModernAsia
9. Bunga Sayang
10. Our Singapore
11. sunsetz (Sandii Suzuki)
12. 追 (金枝玉葉)
13. Home
14. Fried Rice Paradise

アンコール
15. May Be Friend

--------------------------------

MCはすべて英語&私はディックの曲は古くて有名なのしか知らないので、記憶違い&誤記の可能性あり。
特にアンコールの曲は40年前のデビューの頃に作ってリリースされていなかった曲で、今回ディックをモデルにした映画の挿入歌として新しく録音された曲と言っていたのでデータがないのでちょっとあやふや。

モーションブルーは後ろ側の控え室からステージに登場するときに客席の端を通って行くんだけど、ディックは控え室から出たらまず客席の真ん中後ろに手を振りながら移動、ステージと直角に並ぶ長テーブルの真ん中の列で座ってるヒトに手でサイン。モーゼの海のように開いた椅子と椅子の間を通ってステージにw

20年ぶりだけど、みんな支持してくれてありがとう。
手のひらを下に向けて膝くらいの高さにして、20年前はみんなこのくらいだったよね、とw

今回のコンサートはデビューから順にたどっていく構成で、まずデビューのLife Story。
ロンドンに留学していた頃サンディ鈴木の歌を聞いて影響を受けたとか、デビューして出した数枚のアルバムは全く売れなかったとか。
で、Mad Chinamanでやっとヒットしたんだよ、とか。

何度も僕はシンガポールが大好きと話し、シンガは新しい国だからFolk songがないんだ。
だから僕達が作っていくと言っていた。Our SingaporeやHomeはNational Day Paradeのために作った歌らしい。

香港での仕事の話も。
林憶蓮との曲やレスリーの映画音楽をした(金枝玉葉)、ジャッキーのミュージカルも(雪狼湖)と言って「追」を。
この曲聴くとまだ泣けてしまうなぁ。いろんなことが脳裏をよぎる。

アンコールでは撮影して良いよー、僕が許可するsign01
で、アンコール後は来たときの隣の列(私の列)を通って退場。
ずっと歌いっぱなし、喋りっぱなしで全然声量衰えず。凄いsign03
終始ご機嫌なステージでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

「第143回 うたごえランド」 多摩市永山公民館 ベルブホール

170604

 鉄平ちゃん個人の営業活動。
ちょっとタイトルで躊躇してたんだけど(地雷臭ぷんぷんだし…sweat01)、それほど遠くないし、たまには営業モードも観といていいかなwと。

 多摩は時々行ってたけど、ほとんど多摩センター付近。永山は初めて。一駅でも普段通らないし新鮮な気分。
ま、雰囲気は多摩線の駅前はどこも似た感じだけど。

 入場前の感じだと、観客は何度も来てる感じのヒト多し。
そこここでご挨拶とかしてるし。予想通り(?)年齢層高め。団塊世代とかそれ以上。
我々最年少ですよ、たぶんw

 で、入場するとピアノを弾いてる方が。
スギテツ遠足の宴会ライブなんかでお出迎えBGMを弾いてる感じ。
その方が主催者さんだった模様。

 開演時間になると、前のスクリーンに歌詞が出て「さぁ、一緒に歌いましょう」…いきなりですかいsign02
みなさん慣れたもの…sweat01
でもいきなり知らない歌だし、どうなることかと。

 そこから最初にスクリーンに出てたリストを上から順番に休みなしでsign01
これが1時間以上sign03

 へろへろになった頃、やっと鉄平ちゃん登場。
休憩なしでゲスト登場で、この雰囲気でどうするんだsign02と心配しちゃいましたよ。
知ってるヒトほとんどいなかったみたいだし。
でも、さすが数々の現場を経験してるだけあってあっという間に雰囲気変わってましたねー


-------------以下、セットリスト-----------

1. 情熱大陸 葉加瀬太郎
2. 千本桜 黒うさP

擬音コーナー PC・救急車・踏切・コンビニ

3. ノクターン ショパン
4. チャルダッシュ モンティ

アンコール
5. カントリーロード

--------------------------------

持ち時間20分(予定)の割りにバランスの良いセットだったのではないかと。
この時間でも擬音は欠かせないしw
残念だったのはピアノとの息が合わないので突っ込んで演奏が出来なかったこと。
チャルダッシュなんかいつになくテンポがゆっくりで、途中走りたくなるのをぐっと抑えてるのがわかるし。
もちろんアベレージの演奏はしてるけど、もったいないsign03
千本桜もあれ以上早くは出来ないんだろうなぁ、って思ったわ。

アンコールのカントリーロードは「耳をすませば」の地元だしね。
合唱だったのでヴァイオリン目立たず。

| | コメント (0)

2017年6月 1日 (木)

「Yusaku's ROOM#3」 渋谷バールローズ

1705301

 今年2月に始めたYusaku's ROOM、早くも3回目。
今回も会場は前回と同じバールローズ。
2回目なのに、また最後の詰めでちょっと迷っちゃったよsweat01
入り口がほとんど隠し扉…w

 今回はVn.+Pf.+E Ba.にゲストでDr.の今村慎太郎さん。

あのステージスペースにドラムセット入るのかsign02とちょっと疑問だったけど、やっぱりちょっとはみ出してたw

 Vn. 土屋雄作
 Pf. 柴田敏孝
 Ba. 酒井太
 Dr. 今村慎太郎

-------------以下、セットリスト-----------
1st.
1. MODERATE MORNING
2. MERGE
3. LAST TANGO IN PARIS
4. FRAME OUT
5. CHOP!

休憩

2nd.
6. Gymnopédies
7. Siciliano
8. Bach Blues
9. MAMBO ITALIANO
10. TAKE SIX
11. LUMINOUS

アンコール
12. Serenade(夜想曲)

--------------------------------

1stはエフェクターばりばりのエレキヴァイオリンで。
以前に聞いたときはもっと派手っぽい感じだったよなぁ、と思ってたら、やっぱりこれは代替品なんだって。
あの届いたのに楽器屋さんから「歌舞伎町」と言われて即送り返されたラメラメ(つっちー未見)はまだ完成してないらしい。
つっちー曰く、もう一年だよねぇ…

そしてアルバムではヴォーカルで収録されてるMODERATE MORNINGやFRAME OUTはライブでヴォーカルなしヴァージョンを何度も聞いてる所為かヴォーカル聴くとちょっと違和感…w

2ndでは一転、最初の2曲はPfとVnのみで。
ジムノペティ沁みましたわー
バッハブルースはバッハをブルースアレンジで。

ドラムの今村さんがむっちゃハイテンションで終始笑顔で演奏してるのが良かったー
終演後、楽しそうでしたねぇって言ったら、「だって楽しいじゃないsign01 でしょsign02」ってw

だからみんなこんなテンションなのねw

1705302


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

「人魚姫」(美人魚・The Mermaid) シネマート新宿

Ermaid

 1月の中華映画ラッシュの1本。
1月13日に鑑賞。

 脚本・監督・製作総指揮 周星馳の映画。
大陸に行ってからあまりよくない意味で大陸ナイズされた周星馳が出演しないで監督・総指揮に専念した映画。大陸で農暦新年に公開され大陸Box Officeの新記録を打ち立てた。…と言うことでちょっと嫌な予感がしたんですが。
案の定、わかりやすいストーリーとべったべたなギャグ。
ある入り江に隠れ住む人魚族。その入り江周辺を買い取ってリゾート開発をしようとする実業家(鄧超)。
開発を阻止するため、彼を暗殺すべく派遣された人魚(林允)。…二人は恋に落ちる。

 オーディションで選ばれたと言う新・星女郎の林充と鄧超の前の彼女でビジネスパートナー役の星女郎・張雨綺。
ちなみに張雨綺のパパ役で徐克が出てるw
人魚族にはなぜか蛸&人間の羅志祥、相変わらずアイドルとは思えない捨て身の演技w
あと「カンフーハッスル」のオカマの洋服屋で功夫の達人のおっちゃん(名前わからず)が男人魚とかw

 人魚が隠れ住む入り江への出入り方法とか細かいネタで面白いものはあるものの、リゾート開発で一攫千金を狙う実業家が彼女の言葉で環境保護に鞍替えしたり、前の彼女でビジネスパートナーが今の彼女へのジェラシーと儲け話がなくなるので執拗に邪魔したりとか、もう先の予想が簡単に出来るストーリー展開。
 CGを駆使した海の中とか綺麗だけどね。

ところで。
鄧超って哈林の若い頃に似てて、林充って大Sの若い頃に似てるような気がしたのは私だけだろうか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ホワイト・バレット」(三人行・Three) 新宿武蔵野館

T01a_171399

 今年は新年から香港映画ってか中華圏映画のロードショーが多くて、なぜか7日にまとまって封切り。
先着プレゼントでプレスシートがもらえるので(パンフレットの製作なし)、まずは「ホワイト・バレット」こと「三人行」。
監督と脚本は杜sir&游乃海コンビ。

 主演の3人は刑事の古天樂・医師の趙微・黒社會の鍾漢良。
最近良く見る顔なんでごっちゃになりそうなメンバーだわ。
これまた最近のお約束、女優は大陸パターンだし。

 警察との銃撃戦で頭に銃弾を受けた鍾漢良、すぐに病院へ搬送される。
一刻も早く一味の情報を聞き出したい古天樂、怪我人の治療に集中したい趙微。
少しでも早く銃弾を取り出さないと命にかかわるが、手術を拒否する鍾漢良。
緊迫した3人のやり取り…がメイン。

 病室がICUの設定…?
一般病室じゃなくて急症室だと思うんだけど、真ん中にナースステーションで回りにぐるりとベッド。
カーテンで仕切られたベッドに運び込まれる鍾漢良。
頭部に銃創があって、頭骨で停まってる状態なのに普通に喋れるのか…?とか痛みはないのか…?とか疑問はいろいろあるけど、一番の疑問はこんな開放的なほかの患者もいる部屋に収容されちゃっていいのか…?ってところ。
ちなみに周囲のベッドは、急症室にいるとは思えない元気な洪天明とかどう見ても痴呆症状の盧海鵬とか。
他には脳動脈瘤手術で動脈瘤が破裂して意識不明の患者とか、下肢障碍で動けない患者とか。
前二人は狂言回し、後二人はドクターの趙微絡み。

 ここに運び込まれて、自分の命を取引材料にする鍾漢良・自分達のミスを隠したままなんとか組織を一網打尽に追い込みたい古天樂・自分のキャリアに傷をつけたくない趙微の三つ巴。

 游乃海と杜sirコンビなので突っ込みどころはあるものの、緊張感の続く練った脚本とカメラのカット割りはさすが。
鍾漢良奪還に来る組織のメンバー(ネタばれだけど、すでにポスターでネタばれしてるw)が謝天華に黄浩然。
この組織、イケメンで揃えてるのかsign02
 病院メンバーではお約束の不手際だらけのガードマンの林雪とか趙微の上司の張兆輝の杜sir組。

 このところ鍾漢良と古天樂(特に古天樂)を観る機会がやたら多い(つまりそれだけ撮ってる)んだけど、今回の古天樂はまぁまぁアベレージって感じ。
私的には意外だった謝天華とか黄浩然が気になったな。

 別の意味で気になったのは趙微。彼女の演技がどうこうでなくて、役の設定。
杜sirと游乃海が巧いのはこんなとこだよね。大陸から来て使命感など全くなくてただ単に香港での地位を築くため、上に行くための手段としての職業の医師。患者のためでなく自分のキャリアになるかどうかで治療を決める。

 大陸資本と組んでいろんな制約(主演女優が大陸なのもこれだよね)を受けながら、さりげなく香港の現状も織り込んでく巧みさ。
 秋生哥も早く杜組に復帰してくれないかなぁ。香港も所属会社関係なしにならないかな、早く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

「新春浅草歌舞伎 第2部」 浅草公会堂

Asakusa_2017ffl_ada1857e5e1d336ee7c

 年末に記事を1か月分溜めちゃってあれだけ大変だったのに、年明け早々からいろいろあって気がついたら2月ももう終わり…

 と言うことで今更に今更ですが、備忘録と言うことで要点だけ書いていくsweat01
確か先月末に、新暦では間に合わないけど旧暦新年から心を入れ替えて頑張ろうと思った記憶が…

 新春浅草歌舞伎は1月4日の第2部を鑑賞。
ちょっと間が空いた所為か、亀治郎だった猿之助も勘九郎ちゃんも七之助ちゃんもいない。
ま、若手のための舞台なので10代~20代中心てことなんだろうね。

 この日は「お年玉」(幕前のご挨拶)が壱太郎ちゃん。
で、壱太郎ちゃんの第2部出演はこれだけw
第1部は狂言ふたつとも出てるのに。本人から「これから他の劇場に行くので夜は出ません」とのコメントあり。
掛け持ちは大変だわ。

 「双蝶々曲輪日記 角力場(すもうば)」
新進の関取・放駒長吉が松也くん。
ご贔屓の若旦那・山崎屋与五郎が隼人くん。
芸者吾妻が梅丸くん。
濡髪長五郎が錦之助さん。

いきなりの親子共演w
隼人くん、お坊ちゃんの頼りない若旦那が巧いw
もうね、地でしてるsign02とか言いたくなるくらい。
優男にぴったりのルックスだし。

松也くんは、関取のあの肉襦袢の上にほっそりした顔、なのでちょっと違和感。
役としては駆け出しの若いもんだから問題ないんだろうけど。今まで見てきたのは中堅からベテランの放駒だったからかも。

梅丸くん。それはそれは可愛らしい吾妻。拵えの所為かちょっと丸顔に見えるんだけど、そこがあどけないふわんとした雰囲気になってていい。
このまま行ってくれると振袖のお嬢様役や可愛い姫君になるだろうな。きりっとした仇っぽさはあと10年なくて良いからw

で、濡髪。もうね、登場したらいきなり雰囲気変わりましたよ。若手ばかりの中に錦之助だから仕方ないけど。
松也くん、転がされてましたわ。
でも錦之助さん、隼人君が心配なのがダダ漏れしてましたけどw
隼人くんと絡むとちょっとお父さんが出てきちゃってたような気がw

 「御存 鈴ヶ森(ごぞんじすずがもり)」
白井権八が隼人くん。
幡随院長兵衛が錦之助さん。

追いはぎのみなさん、ブラックな笑いを散りばめながらだんまりの場大活躍。
隼人くん頑張ってます。2部の3つの狂言に全部出ずっぱりなので後半はきつかったんじゃないかな。
私が観た日はまだ始まったばかりだったからテンション高かったろうし、体力的にも大丈夫だったろうけど。

 「棒しばり(ぼうしばり)」
太郎冠者 巳之助さん。
二郎冠者 松也くん。
曽根松兵衛 隼人くん。

狂言3つ観て、ワンピースの隼人くんはちょっと役柄に助けられてたな、と思っちゃった。
まだまだこれからの人だからこれからの精進次第だけどね。

そのワンピースのボン・クレー観て一生付いていこうと決めた巳之助さんは太郎冠者も巧かった。
松也くんも巧いけど松也くんはちょっと勢いで突っ走ってるとこがあった。
巳之助さんはきちんと計算してる感じ。
ま、浅草歌舞伎は勢いでもいいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

「TriomeT Christmas Dinner Concert with Teppei Okada」 リーガロイヤルホテル小倉

161221

 チェロの村中くんのユニットでピアノが鉄平ちゃんが九州で演奏するときにいつも伴奏を担当している早川さんと言うTriomeT。
今回はそのTriomeTのディナーコンサートに鉄平ちゃんがゲスト出演。
村中くんとのセッションは数年前のQi Michelan以来なので期待してちょっと遠征。

 で、小倉って博多の近くだと思ってたら乗り換え案内で新幹線に乗れとの指示が…
新幹線で一駅ってつまりは東京と横浜あたりの関係sign02
福岡空港からすぐだと思ってたのでちょっと予定時間が狂ってあせりましたわ。

 TriomeTは3人のイニシャルを並べた名前だそうですが、どうしてこの3人なのかしら?と思ってたら今回その辺の話が聞けました。
早川さんとVnのマヤ・フレーザーさんが桐朋の先輩後輩で二人でユニットを組むときにチェリストを探していてたまたま見たのが村中くんだったそうな。
だから、鉄平ちゃんと早川さんの関係とか村中くんともよく演奏してたとか知らなかったらしい…
ちなみに早川さんと鉄平ちゃんは同級生だったので、当然マヤさんも鉄平ちゃんの後輩にあたる。ので、学生時代のアイドル・鉄平先輩を良くご存知だそうw

--------------以下セットリスト------------

1. パッヘルベルのカノン Pachelbe - lCanon in D
2. 2つのヴァイオリンのための協奏曲 J. S. Bach - Double Violin Concerto in D minor BWV 1043

鉄平 out

3. メンデルスゾーン ピアノトリオ第1番 Mendelssohn - Piano Trio No.1 in D minor, Op.49

鉄平 in

擬音コーナー
4. お正月メドレー Vc+Vn(鉄平)
5. 北の宿から 演歌系メドレー Pf+Vn(マヤ)

6. ヴィバルディ 四季より「冬」
7. ジプソフィラ  村中俊之 作曲

---------------------------------

オープニングはPfとVcがステージにいて演奏開始。で、下手からマヤさん、上手から鉄平ちゃんのVn。
ドッペルは久しぶりにアレンジなしのクラシックのドッペルを聴いた気がする。
一度鉄平ちゃんが降りて、再度登場で擬音コーナー。
その後、村中くんと二人で客席の中央付近まで来てロックっぽい演奏。
その間、マヤさんと早川さんはドレスの上にボレロを羽織ってイメージチェンジ。
で、なぜか演歌調w

クラシックに戻って冬、最後は村中くんのオリジナル。
村中くんは2年ぶりくらいだったけど(カサノヴァ以来かも)、相変わらずの村中くん。
早川さんはお名前は何度も見てたけど聴くのは初めて。マヤさんも初めて。
ディナーショーなのでちょっと時間が短かったけど、なかなか面白いコンサートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「スギテツクインテット TOUR2016 東京公演」 渋谷7th floor